あゆみん一家の平凡な毎日

8羽のインコと2匹のトイプーとあゆみんの日常

そんなわけない。 

 

「千人針(せんにんばり)は、第二次世界大戦まで日本でさかんに行われた、多くの女性が一枚の布に糸を縫い付けて結び目を作る祈念の手法、および出来上がったお守りのこと。」

1メートルほどの長さの白布に、赤い糸で千人の女性に一人一針ずつ縫って結び目をつくってもらう。特例として寅年生まれの女性は自分の年齢だけ結び目を作る事が出来る。これは虎が「千里を行き、千里を帰る」との言い伝えにあやかって、兵士の生還を祈るものである。」 

「できあがった千人針を、兵士は銃弾よけのお守りとして腹に巻いたり、帽子に縫いつけたりした。」 ・・・ウィキペディアより。

私の母は昭和13年11月生まれの寅年。
終戦の昭和20年夏は6歳。
まだ小さな子供だから弾が当たらないように信じて、頼まれていっぱい縫ったんだろうね。きっと。

現在75歳。今ならもっとたくさん縫ってあげられるだろうけど。
母の言葉は「(弾よけになるなんて)そんなわけない」



・・・だよね。そんなわけない。



category: 日常

tb: --   cm: 6

△top

コメント

 

ぷっ。。。

それを言っちゃおしまいだぁv-411

でもねぇ そーだよねぇぇぇ
100枚くらい重ねて巻いときゃちょっとは?
・・て 動きづらいって^^;

はるみ #- | URL | 2014/08/19 17:15 | edit

そうなのよ。

6歳の女の子はきっと本当に弾があたらないと信じちゃって、頼まれるままに一生懸命縫っていたんだよね。
戦争が終わっておとなになって思い出した時に、なんで信じちゃったんだろうと思ったんだね。
なんだか、ちょっとおかしくて切ないお話でした。

昨今の日本は戦争に足を突っ込みそうな気配がぷんぷんしています。
でも誰が戦争に行くんだろう。戦争に行く人たちの家族はまた千人針を頼んで歩くんだろうか。

私、最近人間が地球を壊しかねないと神様が心配しているんじゃないかと思います。

あゆみん #- | URL | 2014/08/20 09:41 | edit

私も・・・

最近災害も多いよね
地球と神様が怒ってるんだ と思ったり。

すき放題し過ぎる人間に警告?
そろそろゼロに戻すか とか考えてるんじゃないかなぁ
なーんてね^^;

はるみ #- | URL | 2014/08/20 11:05 | edit

こんにちは。
鼠は増えすぎて食料が足りなくなると集団自殺をすることが
あると聞いたことがあります。
人間があちこちで闘争や戦争を起こしたくさん死んでいくのも
本能的な種の保存のための調整?あるいは自殺行為なのかもって
思ったりします。
地球上では太古の昔から、文明が栄えては滅びを繰り返してる
とも言われてますよね。
ゼロに戻るタイミングが近づいてきてるのな?って。
とばっちりを受ける動物たちに罪は無いのにね。_ _;
私の母は昭和2年生まれ。新しい事は覚えられないけど、戦争体験
は鮮明に覚えているようです。

sana #AW0hm7dg | URL | 2014/08/21 09:58 | edit

はるみちゃん

人間どおしの争いで燃やしたり爆発させたりするけど、
そこには人間以外の動物植物昆虫いるんだよね。
砂漠や海で兵器の実験するけど、そこにも生物はいると思うんだ。
人間以外は殺してもいいなんて思い上がりも過ぎるよね。

今のところ地球を壊しているのは人間だけ?
神様が怒っても文句も言えないよね。。


あゆみん #- | URL | 2014/08/21 20:19 | edit

sanaさん

人間のせいで地球が壊れていくのをほかの動物たちはどんな気持ちでいるんだろう?
手塚治虫の漫画にそんなのがあったような気がして、探しましたが見つけられません。
戦争を体験した人たちが作ってくれた平和な世の中をまた変えてしまいそうな気配です。

私は子供のころに日本はもう2度と戦争はしないと教えられてほっとしていたのですが、
今の子供たちはもしかしてまた戦争??と思っているかもしれません。

誰が戦争に行くんだろう?と心配になるこの頃です。

あゆみん #- | URL | 2014/08/21 20:28 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top